自動車買取と人気色

自動車買取と人気色

中古車を売却する際の査定基準として主に、走行距離・外装内の状況・その車のが市場でどれ程の需要があるか、が設けられています。この他に、中古車の査定には車のボディーカラーもポイントとなっています。車種によって人気色と不人気色があり、高級自動車の場合なら人気色は7〜15万円近く査定額がアップし、不人気色であるなら8〜16万円程ダウンしてしまう場合があります。

 

ファミリーカーの場同様、人気色ならば査定額は上がり、不人気色であるなら査定額にダメージを与えてしまいます!

 

では自動車買取の際、一般的に人気色とされているのは何色なのでしょうか。まず、無難な色であるといういことです。流行や人気に左右されない色であるということも重要です。この点を考慮すると、王道と思われがちなホワイト・シルバー・ブラックが人気色としてあげられます。

 

買い取った車を販売する業者側からしても、これらの色の車ならば多くの人に受け入れられやすく、売りやすいというメリットがあります。そのため、買取価格も高くなるというわけです。では逆に、人気がなく査定額のマイナスとなる不人気の色は何色なのでしょうか。その要素として、奇抜である、個性的すぎる、一般道路で目立ちやすい色などが考えられます。

 

例としてあげるならば青や赤。紫や緑、黄色などでしょう。万人向けの色ではない車は業者側からしてみても売りにくく、査定価格も下げられてしまうのです。しかし、不人気色だからといって必ずしも査定額を下げられるとは限りません。スポーツカーの場合ならばイエローなど、新車の時は人気が乏しく売れなかった車だからこそ、中古車市場での出回りも少なく希少価値が生まれ、査定額が高くなるということもあります。

 

また、人気色であってもホワイトやブラックはキズや汚れが目立ちやすい特徴があります。色ではなく他の要素で査定額に打撃を与えてしまう可能性もあるのでご注意ください。