車の下取りの特徴

車の下取りの特徴は?

中古車を売るときの方法として大きく分けると2つあります。中古車買取業者への売却と自動車ディーラーでの下取りです。愛車を少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば、中古車買取業者で査定を受けるといいでしょう。査定や買取、その後の売却に伴う手数料やコストは、大概の業者が自社で負担をします。

 

なので査定額を下げるような要素は少なく、逆に車に装着されたオプション品などにより査定額がアップすることもあるのです。そして、車を手放した後に現金がおくられてきます。一方で下取りとは、買い取りとは異なります。手放す愛車に与えられた価格が手元に現金として入るのではなく、新車購入時に新車価格から差し引かれる形になります。これが下取りです。

 

つまり、もしも車を乗り換えることを考えているのであれば、下取りのもつ特徴を利用することで簡単にスムーズに、そしてお得に、新車購入までの手続きが行えます。

 

新車を購入するディーラーに下取りをすることで、新車から下取りとは別の特別な値引きサービスを行うところもあるのです。こんおようなサービスやキャンペーンを利用したり、決算月などを狙って下取りをすれば、買取業者での査定額と大差は生じないでしょう。買い取りは高値で売れるというメリットがあるものの、下取りならば新車購入までの面倒な手間が省け、欲しい車を他よりも安く手に入れることが出来るという特徴をもっています。